• 新築 WORKS
  • リノベーション WORKS
  • 店舗 WORKS
  • お客様の声
  • 新築
  • リノベーション
  • 家具
  • フェイスブック
  • オフィシャルブログ

「Kさま」

私はこれまで設計者として、VICO様といくつかの住宅で協業させていただき、

「どんな条件に対しても前向きに取り組む姿勢」に幾度となく助けられてきましたので、
私が中古住宅を改修して事務所兼自宅にする計画を行った際も、迷わずVICO様にお願いすることにしました。

築50年近い中古物件を購入する前には、現地確認にもご同行いただきました。
熱心な調査のもとホームインスペクターとしてのご意見を頂くことができましたので、安心して購入することができました。

改修物件の場合、既存の仕上げ等を解体してから判明することが多々ありますが、その都度しっかり報告を行い、改善案の提案までしてくれました。
また私が現地で感じたことにしっかりと耳を傾け、嫌な顔ひとつせず、むしろ楽しそうに付き合ってくれました。
竣工後、私たちが始めた生活をとても嬉しそうに眺めていた時の社長や職人さんたちの笑顔がとても印象に残っています。

VICOという会社は「すべては人のために」という理念通り、人の夢や想いを叶えることが本当に好きなんだと思います。
この素直で柔軟な姿勢は、お客様を通して新しい価値観と出会うことを喜び、それを成長に繋げ、発展してきたものだと感じています。

施主・設計・現場の垣根を越え、「良いもの・本物を作りたい」という根源的で純粋な建築への想いというのは、
建築に最も必要とされる「真の棟梁精神」であり、今なおそれが息づいている工務店というのはとても貴重な存在です。
今後益々の発展を期待しています。



「富田林市 Kさま」

ゼネコンで設計の仕事をしているため、
自分で設計した家を建てたいという希望を持っていました。
「建築家とのコラボレーションが多い」ということで訪ねたVICOさん。
実際に今まで建てられた家を見せて頂いたところ、その納まりの美しさや 施工技術の確かさに心を魅かれ、お願いすることにしました。

施工管理の坂本さんや、設計・営業の垣端さんとは年齢もほぼ同じで、しかもみんなサッカー経験があるということで大盛り上がり(笑)
妻からは「どれだけ家の打ち合わせが楽しいの」と言われるくらいたっぷり時間をかけてじっくりと打ち合わせました。

有名な花火大会が見られる立地。
それを活かして「みんなで花火を楽しめる家にしよう!」と屋上にスペースを設けました。
中からも外からも行ける動線を確保し、お客様たちと楽しめる場所になっています。
屋上の横にあるのは私の仕事場でもあるロフト。
吹抜けを通じてリビングに居る家族の声が聞こえてきて、なんだかゆったりとした気分になれる場所です。

プライベートゾーンである寝室や洗面、風呂は1階に。
そして家族がいつも居る場所は日当たりのいい2階にと。
1フロア全体をリビング+ダイニングにしました。
リビングとダイニングは段差をつけることで緩やかに空間の仕切りを設けました。
リビング脇のキッズスペースからは、私の仕事場まで登れる梯子を作ったりして遊び心満載の家です。

同じ仕事をしている友人が遊びに来ると「思いきった設計をしたなあ」と言われます。
仕事では使わない手法をいろいろ駆使して試したかったことをやってみました。
一戸建ての設計は今回が初めてでしたが、難しい反面、本当に楽しんで作れました。
これは一緒にやってもらったのがVICOさんだったからだと心から感謝しています。
こちらが「こうしたい」と言うと「それならこんなこともできますよ」とどんどんアイディアが湧いてきて、最初に発想したものの数倍いいものができていく・・・。
そしてそれを確実に形にしていってくれる安心感は何物にも代えがたいものでした。
リビングとダイニングの間の段差には、子どもたちの大のお気に入りのすべり台が据え付けてあります。
設計の途中で「ここにいずれすべり台をつけたい」と言っていたのを覚えていてくれたVICOさんが、「新築のお祝いに」と大工さんがオリジナルで作ってプレゼントしてくれたものです。

これからも長いお付き合いができそうだなと思っています。
本当に楽しい家づくりをさせてもらってありがとうございました。

設計/施工例はこちら

「阪南市 Aさま」

北側が海で眺望のいい土地。眺めを楽しみ、趣味のお茶を楽しめるようにしようと施工会社を探していました。私たちの希望を叶えてくれそうな会社を雑誌などで探し、出会ったのがVICOさん。何社かと話をしたのですが、私たちのイメージを確実に形にしてくれそうだと思い、家づくりをお願いすることにしました。

本格的な茶室を備えたいという希望で、きちんとした茶室を作る所からプランを立ててもらいました。全体的に「繊細」というよりも「荒々しく」という注文。VICOさんも戸惑われたかもしれません。でも、私たちの希望を理解して、素晴らしいプランになりました。

またVICOさんからの提案も様々。最初は思っていなかったようなことをプロの目で提案してもらいました。例えば外壁。ガルバリウム鋼板にしたかったのでつぎはぎになることは仕方がないと思っていました。でも「製作にはなりますが、1階から3階まで一枚物で仕上げることができますよ」というアドバイス。できあがってみると継ぎ目がないため、思った以上の美しさになりました。また家の真ん中の階段というのがイメージつきにくかったのですが、住み始めてその効果に気が付きました。1階に薪ストーブを備えているのですが、その暖かさが3階の寝室まで柔らかく上がってくる。これは予想外で嬉しかったですね。

鉄骨での施工でしたが、職人さんたちは日本古来の木造技術を持つ方々。その素晴らしさは茶室の施工で余すところなく発揮されていました。構造用合板をそのまま見せる形、落とし掛けや床柱にはわざと節のある曲った材を使うことにより、自然の中に居るようなイメージの茶室。正式な寸法で作られた簀流しなどの仕上げなど、専門の職人さんでもたいへんな茶室づくりを、美しく仕上げてもらった腕には感服です。

家を建てるのは2軒目ですが、以前の家ではできなかったことも、VICOさんにお願いしたおかげで完璧に実現。それどころか様々な提案で、より一層素晴らしい家に仕上がったと心から感謝しています。

 これからも家ともどもよろしくお願いします。

設計/施工例はこちら

「高槻市 Sさま」

結婚を前にして、リノベーションしてもらえる施工会社を探していました。
スタイリッシュであってモダンすぎず、私たちの生活スタイルを理解してくれる会社ということで、10社ほど選んだのですが、その中でVICOさんは最も丁寧に対応していただき、VICOさんとも気が合ったので「ここだ!」と決めました。

リノベーションとは言うものの、実際に物件を持っていたわけではなく、施工会社を決めてからの物件探し。それをVICOさんに言うと、「じゃあ、一緒に探しましょう」と言って下さって、不動産屋さん回りから一緒にしてもらいました。
立地もありましたが、何より大切なのは「私たちの思った雰囲気にリノベーションできる家」。実際に施工していただける会社の方が見てくれるのですから、これほど心強いことはありません。

そして見つけたのが今の家。
多少古くても手を加えれば私たちのイメージ通りに格好良くなりそうな家でした。

そしてリノベーションが始まりました。
こちらから希望を出すと、思った以上のアイデアとアドバイスがもらえ、いろんな工夫もしてもらいました。フットワークもよく、コミュニケーションがとれたことで、リノベーションしてもらっている最中もとっても楽しかったです。
また、見積りもわかりやすく、私たちのこだわりの部分と削ってもいいところの判断も的確で、予算内で思った以上の仕上がりに。

この家でなにより気に入っているのはお風呂です。
みんながびっくりするのですが実はこのお風呂、元は和室でした。
これは主人の提案。そしてVICOさんが設計。
もともとあったガラスブロックを生かして、明るく広いお風呂になりました。
手足を伸ばして入れる解放感あふれるお風呂が二人とも大のお気に入りです。

予算内で納めてもらえたこと、たっぷり入る玄関収納、身長に合わせたオリジナルのアイランドキッチン、電気のアドバイスなど、どこをとっても「VICOさんに頼んでよかった!」って思うことばかりです。

今後生活スタイルが変わり、また改築が必要になってもVICOさんが居るから安心だねって二人で笑っています。

これからもずっとよろしくお願いします。

設計/施工例はこちら